魅力をしっかりと伝える 映像の表現力

訴求力が違う!“読む”広告ではない“魅せる”広告

近年、スマートフォンやタブレットが普及し、誰もが動画(映像)を見られる環境が整いつつあります。その中で、動画を利用した広告は、文字や写真のみの広告よりインパクトがあり、より人々の関心を集めやすいものとして注目を浴びています。

ではなぜ動画広告が注目されるのか、ポイントは以下の4つです。

アピール力

企業名、看板をはじめ、企業ブランドや商品ブランドを前面にアピールできるのはもちろんのこと、紙面では伝えられない、かかわった人たちの表情や想いを伝えることができます。それにより、企業や商品に対する親近感や安心感が得られ、さらなるアピールにつながります。

分かりやすさ

51% text 69% Mov

文字や写真のみの情報は、人によって受け取り方が変わってしまう場合があります。では動画の場合はどうでしょうか。見せること、伝えたい情報を確実に伝えることができ、格段に分かりやすくなります。年齢や性別、国籍や言語に関係のない、共通の理解にもつながります。また、テキスト(文章)と動画で理解度を比較した調査では、テキストの場合51%に対して動画の場合には69%の人が理解できたとの結果が出ております。

より印象的に

24% text 53% Mov

文字や写真のみの広告に比べ、動画での広告は情報量が多く、インパクトがあります。内容も簡潔で分かりやすいため、人の印象や記憶に長く残ります。文章(テキスト)と動画を覚えているかどうか調査した結果には、文章の場合24%に対して動画の場合53%の方が覚えていると回答している結果も出ております。あの曲を聴くとあの商品を思い出す、あれを見るとあの広告が思い浮かぶ。誰しも、そんな広告が一つや二つあるのではないでしょうか。

リーズナブルに

偶然目にすることが多い他の広告媒体(テレビCM、新聞・雑誌広告)に比べ、インターネットの動画広告は安価に済みます。より多くの耳目を集めようと考えるなら、リーズナブルなほうを選んで多く打ち出したほうが効率的ですよね。

人の集中力は2分との説もあり、その間にひきつけ理解してもらう事が大切です。動画(映像)はインパクトがあり印象に残りやすいものです。しかし、宣伝したい対象物の表面だけをただ映像にして流すだけでは、確実に人の意識に訴えることは難しいでしょう。その点、ドキュメンタリープロモーションビデオは、ストーリー性を持たせることで伝えたいことをしっかりと伝えられ、より訴求力のある動画(映像)の提供を可能にしているのです。

「言葉や文字では伝わらない・・・」 “伝える” “伝わる” 映像制作の基礎知識

  • 魅力をしっかりと伝える映像の表現力
  • プロが教える映像制作のポイント

名古屋/愛知の映像制作会社
MVJ's Blog

Page Top