企業YouTubeチャンネル開設マニュアル【その1】チャンネル開設!

企業YouTubeチャンネル開設マニュアル【その1】チャンネル開設!

MVJコラム

新型コロナウィルス感染拡大を受けて企業活動も変化の兆しが出てきました。テレワークがその最たる例ですが、とはいえ完全にテレワーク化することは難しいです。時間をかけて徐々にスライドしていくようなイメージをお持ちの方が多いのではないかと推測しています。さて、企業YouTubeチャンネルについてお話をします。企業YouTubeチャンネルとは、その言葉通り、企業がYouTubeチャンネルを立ち上げて動画を公開していくことです。既に企業YouTubeチャンネルをお持ちの企業様でも、定期的な動画更新がされていなければ意味がありませんし、SEOが施されていなかったり、マーケティングが無視されている状態では存在価値が薄い状態です。

ここで言うところの企業YouTubeチャンネルの開設とは、企業がYouTuberのようにYouTubeプラットフォームをしっかり把握して定期的に動画配信をすることで企業のファンを獲得していくこと、です。そうすることで、企業の認知度が上がり、営業がやりやすくなり、採用活動をこれまでのような◯◯ナビなどにお金をかけなくても学生さんを集めることが簡単になります。つまり、企業活動改善のためにYouTubeチャンネルが必須ツールになってきているということです。

ライバル企業より先に動け!

なにより、YouTubeは無料サービスです。はじめは社員だけでトライ・アンド・エラーでYouTubeはチャンネルを立ち上げてみても良いでしょう。それでYouTubeの仕組みを勉強して人気動画になることを目指して動画制作をしていけば良いと思います。YouTubeはまだまだアマチュア動画制作者が大多数です。アマチュア同士のせめぎ合いで動画を作るのであれば人気チャンネルに育てていくことも十分可能ですし、こうした取り組みは先行者利益もあります。もし、あなたのライバル企業がまだYouTubeチャンネルを立ち上げていないのであればそれはビッグチャンスです。早速はじめましょう!

YouTubeはGoogle検索に上位表示される

この事実はかなり衝撃です。Googleで検索してみると分かりますが、YouTube動画の検索結果が上位に表示されるんです。これはGoogle傘下にYouTubeがあるからそういう仕組を作っているわけなのですが、同時にGoogleが「YouTubeをもっともっと皆に見てもらいたい」と考えている現れでもあります。SEO対策の施策といっても今まではホームページで検索上位ワードを散りばめるとか、リンクをたくさん集める(古っ!)とか、コンテンツを充実させるとか、いろいろ言われてきましたが、これからは間違いなくYouTubeです。YouTubeに動画を上げて人気を取り、チャンネル登録者数を上げて、視聴時間を伸ばし、ファンを獲得していかなければ、ネット時代を生き抜けなくなってきます。SNSだけやってれば良い時代は終わりました。これからはホームページ、SNS、YouTubeの連携をしながらファンを育てていく企業活動が大切になってきます。

チャンネル名から考える

何はなくともチャンネル名をまずは考えなくてはなりません。その前にGoogleアカウントが必要ですが、そのあたりは省略いたします。Googleアカウントを持っていれば、YouTubeにアクセスした時にGoogleアカウントでログインしている状態かと思います。チャンネルは「ブランドチャンネル」として立ち上げていきます。ブランドチャンネルにしておくと、チャンネルの管理を複数人で運営する時に便利です。そして、チャンネル名を考えていきます。今回は企業の公式チャンネルとして立ち上げるものなので、「◯◯株式会社【公式】」みたいなシンプルなもので良いでしょう。

続いてチャンネル設定をしていきます。概要説明、詳細説明、リンクなどを記入しますが、こうしたテキストは必ず検索にひっかかりそうな言葉を意識して書き込んでください。YouTube全体に巨大な検索の仕掛けが施されているとイメージし、自分の業界に関連する検索上位キーワードが何か調べてみる必要があります。これが分からない場合、ひとつのヒントとして

YouTube検索を活用する

という小技があります。YouTubeのトップページには検索窓があります。ここに何か言葉を入れると、自動的にその下に「候補」のワードが出てきます。

例えば「自動車」と打つと、「自動車ショー歌」「自動車学校」「自動車サッカー」「自動車保険」「自動車税」などと候補が出てきます。これが検索上位のワードになっているんです。ですから自動車関連業界であればこうした人気ワードを意識しながらタイトルや説明、タグなどを入れていく必要があるわけです。YouTube以外でも、Googleでの検索も同様に検索候補が出ます。どちらも役立つ情報ですので、必ず参考にしたいところです。他にもコツはまだまだあります。何回かに分けて書いていきたいと思います。

自力でなんとかYouTubeチャンネルの運営をおこないたい企業様は参考にしてください。プロの力を借りて運営されたい場合は弊社の問い合わせページからお問い合わせください。宜しくお願いたします。

「言葉や文字では伝わらない・・・」 “伝える” “伝わる” 映像制作の基礎知識

  • 魅力をしっかりと伝える映像の表現力
  • プロが教える映像制作のポイント

MVJコラム

Page Top