2020年度新卒採用に向けた動画制作は年内に決定を

2020年度新卒採用に向けた動画制作は年内に決定を

MVJコラム

2019年度の新卒採用活動も各企業でご苦労されたことと思います。そんな中で、2020年度に向けた新卒採用活動もそろそろ動き出していかねばなりません。
学生さんの売り手市場に年々傾いている傾向は変わりませんので、内定辞退の増加、異業種や大手企業とのせめぎ合いの激化は避けることの出来ない状態です。

そこで、来年3月から新卒採用の動画、WEBサイト、パンフレットをしっかり準備するためにも年内から用意を進める必要があります。

特に中小企業、製造業では深刻な人材不足が叫ばれており、新卒採用・中途採用における設計戦略は大変重要な課題です。これまでに動画を制作されたことのない会社様に至っては喫緊の課題と言われています。

動画を見て志望度がアップする

ある会社の調査によれば、就活生の2人に1人が採用動画の視聴経験があり、動画を視聴することで会社の志望度が上がったという就活生がおよそ8割もいたといいます。もはや動画抜きでの採用活動は考えられない状況になりつつあります。

動画の良い点は、まず会社の雰囲気(空気感)を伝えることができるということです。どんな場所でどんな人たちが働いているのか、その会社で働くということを映像で感覚的に直感できるように動画は作られています。会社の魅力を伝えやすいツールとして動画がもてはやされているのはそんな理由からです。

また、動画には映像と音が含まれています。そこで、よく使われるのが社員のインタビューです。ナレーションでは脚色したり、嘘っぽく聞こえることも社員が話す言葉なら信頼性が高まります。また、インタビューに答えている社員が実際に同じ職場で働いているわけですので、安心感も与えることが出来ます。

2020年度新卒採用向けの動画制作も今ならまだ間に合います。ギリギリで突貫工事的な動画制作になって後悔しないためにも、早めの選択をオススメいたします。

コロナウィルスに負けるな!イベントのライブ配信支援策を緊急スタート

「言葉や文字では伝わらない・・・」 “伝える” “伝わる” 映像制作の基礎知識

  • 魅力をしっかりと伝える映像の表現力
  • プロが教える映像制作のポイント

MVJコラム

Page Top