空撮用ドローンで工場の点検ができる

空撮用ドローンで工場の点検ができる

MVJコラム

産業用ドローンが注目を集める昨今ですが、中でも空撮用ドローンの活躍は目覚ましいものがあります。産業用というと、空撮用ドローンの他にも「建設現場・測量用ドローン」「検査・点検・監視用ドローン」「農業用ドローン」「捜索・救援活動・災害支援活動用ドローン」「物資運搬用ドローン」「防犯・警備・追跡用ドローン」「害鳥・害獣対策用ドローン」「対ドローン用ドローン」などがあります。この中で、点検に使用したいドローンは空撮用ドローンでも十分に補える場合もありますのでご紹介しましょう。

製造業関連の工場では高さが10メートルくらいのところもありまして、そうした場合、雨樋の点検などかなり億劫ではないでしょうか。業者さんに頼んで足場を組み点検作業となると何日もかかるかと思います。工場が広ければそれなりに時間もかかりますので、予算も随分とかかってしまいます。そんな時、ドローンで工場をぐるりと飛ばしながら写真撮影することで簡単な点検ならできてしまうんです。DJI Phantom4クラス以降の機体であれば、4Kカメラを搭載していますので、解像度も横幅4,000ピクセル程度はあります。これくらいの解像度があれば、写真をアップにして細かなところもかなり確認することができます。工場を1周してもだいたい30分以内には終わりますので、バッテリー交換なしの1回のフライトで十分間に合うでしょう。