Interbee 2018 映像機器の未来を読む

Interbee 2018 映像機器の未来を読む

MVJコラム

毎年11月に開催されるInterbee。2018年の今年も行ってまいりました。今年は8K元年ともいうべき記念の年となりました。というのも今年12月1日からBS8Kが本放送となり、シャープから8Kのチューナー付きテレビも60万円程度からの値段で販売されるといいます。

入り口には8Kモニターがおかれ、映像が繰り返し流されていました。基本的にはNHKの素材を編集したもののようですが、実に美しいです。8Kまでになると小さなモニターで見る意味があまり無いように思えます。やはりできるだけ大きなモニターで鑑賞したほうがその魅力が伝わりやすいと思います。例えば、最新の映画館でIMAXを見ても4Kレーザーです。通常のIMAXだと2Kですから、その16倍もキレイとなると大きな画面で見たほうが良いのもうなづけます。